病気について

季節によって犬や猫などのペットがかかってしまう病気が変わっていきます。
病気を未然に防ぐために、当院では予防接種を行っています。

※左側にあるタイトルをクリックしてご覧ください。

 ■ 慢性腎不全について



クリックすると拡大します
今回は猫の死因の75%ともいわれている「慢性腎不全」のお話です。(もちろん犬でも多い病気です)

 腎臓の病気というと老齢病の代表ですが、腎臓はその機能の75%を失うまでは、正常な腎機能を果たせるといわれています。このネフロンが通常より早い速度で崩壊してゆく病気が「慢性腎不全」です。したがって、「慢性腎不全」の猫も全ネフロンの機能の75%が失われていく数年間はほとんど無症状で何ら異常が現れることはありません。しかし、それ以上のネフロンが失われると、腎臓の機能に不足が生じ、排泄しなけれぱならない老廃物が体内に残り始めます。この状況に至ってはじめて血液検査で、「BUN」や「クレアチニン」と呼ばれる尿素を含む化合物の数値が上がり始め様々な症状が出てくるのです。一度壊れてしまったネフロンはいくら治療をしても元に戻ることはありません。「慢性腎不全」は治る病気ではありませんが適切な治療により、ネフロンの崩壊を食い止めることができます。つまり取り返しがつかないところまで悪化してしまう前に見つけてあげる「早期発見」が大切なのです。

「慢性腎不全」の症状とは・・・
・食欲不振
・よく眠るようになる
・体重の減少
・水を良く飲む
・オシッコの量が多い
・貧血
・傷が治りにくい
・嘔吐をする

 このなかでも一番初期に見られるものは「水をよく飲む」「オシッコの量が多い」といういわゆる多飲多尿という症状です(冬の寒い時期には動物の飲水量も減る傾向にあるため夏場と同じ量を飲むようであれば要注意です)。この時期に発見できれば尿素の元のタンパク質を抑えた低タンパク食を続けることや、消化器官内で尿毒物質を吸着させ、便とともに排出させる経口炭素吸着剤などで腎臓の負担を軽減できます。

 さらにネフロンの崩壊が進むと、低タンパク食や吸着剤では軽減しきれないくらいに体の中に老廃物がたまり、すっかり元気も無くなり、「食欲が落ちる」「嘔吐」「体重減少」「貧血」「毛艶が悪い」などの症状が現れます。いわゆる尿毒症という状態なのです。ここまでくると、重症の状態です。体重減少が現れた時期からは、十分なエネルギーを食事によって摂取できなくなってきています。食事を十分に取れないために体内のタンパク質をエネルギー源として利用し、体重が落ちてきているともいえます。この時期に至るともはや低タンパク食はその意味を失います。科学的によく研究された猫の腎不全用低タンパク食のタンパク質含量は30%ですが、これは犬の発育期用フードのタンパク質含量に匹敵します。つまり、犬の高タンパク食レベルのタンパク質が、腎不全の猫には必要だということを示しているのです。この時期には、輸液療法主体の治療となります。

 この「慢性腎不全」の発症は、6歳を境に急激に増加します。「多飲多尿」のサインに気づかず「今まで健康だとばかり思っていたわ…」とおっしゃる飼い主さんが多いことも事実です。6歳を過ぎれば定期的に健康診断を受け、血液や尿の状態を知ることはとても大事なことなのです。



 「慢性腎不全」は、数年という年月をかけて徐々に腎臓の組織が破壊されていく(ネフロンが失われていく)進行性の病気です。猫は特にその状態にうまく適応してよく耐えてくれます。だからこそ、早い時期に発見し、ネフロンをなるべく温存していくようなホームケアが、大切な猫と共に暮らせる期間を大きく左右するともいえるのです。
 「何か様子がおかしい…」と気づいた時はすでに重症、ということにならないように、「多飲多尿」というキーワードと定期健診を、決して忘れないようにしてください。

管理用